写真はよく見よう | ソープや高級ソープで普段は楽しめないようなサービスや快感を

写真はよく見よう

微笑む主婦さん

埼玉を始め、日本の至る所にソープは存在していますが、これらのソープを利用する際には必ず行なうことが有ります。
それは何かというと、サービスを行ってくれるソープ嬢の指名です。
ソープ嬢に指名を行う際には、店舗内に設置されている指名用パネル写真と呼ばれるような、専用の写真を見ながら自分好みのソープ嬢を探し、指名をすることになります。
そしてその際、ソープを初めて利用する人というのはさっと写真を流し見し、その中から気に入ったソープ嬢を指名を行いますが、そのような指名方法というのは、できるならやめておいたほうが良い、と言われています。

指名用パネル写真に使われる写真というのは、デジタルカメラなどで撮影された物です。
このようなデジタルカメラなどで撮影された写真というのは、フィルム写真のようにアナログな画像ではなく、デジタルデータとして作られたものの為、撮影後に専用のソフトを利用して加工ができるという特徴があります。
そして、ソープのパネル写真として使われる写真というのは、どのような店舗であっても必ず何かしらの加工がされているのです。

加工内容としては、明るさの調節やほくろ・しみの除去などの軽微なものから、体型や骨格の調節といった非常に大胆な処理のものも存在しています。
そして、後者のような大胆な処理がされたパネル写真を見て気にいったソープ嬢を指名した場合、当然ですが実際にやってくるソープ嬢は写真に写っている人物と別人にしか見えません。
このような別人にしか見えない人物がやってくる現象というのをパネルマジックと呼びます。
ソープを利用する際には、このパネルマジックが起こるのを回避しなければ、サービスの際に非常に強いがっかり感を味わうことになります。
加工跡というのはじっくりと写真を見ることによって判断することができるので、指名用パネル写真は穴が空くほどにじっくりと見るようにしましょう。